Category: 文化・芸能  2/26

揺れるワタシ

地方住まいの知人から、預かってしまった…ね・・・年代ものの 鼓っ?!稽古仲間から「小鼓やろうよ♪」と誘われている・と言ったら「私の貸してあげる。やれば?」って・・・で、送って頂いたわけだけど・・・・どーしよー!?壊したらどうするのよ~~!革を破ったらどうするのよ~~!?袋の紐を解くだけで、ドキドキハラハラでも、「ポン!」 といい音が出せたら気持ちいいだろうな・・・しかししかし、リズム感の悪い私が、学...

  •  4
  •  -

鼓体験

はっは、自分のことに『文化芸能』などとつけるのは小恥ずかしいが姉弟子宅で、鼓体験をさせてもらって来た。伊勢で鼓演奏奉納をした稽古仲間も「やろうよ、楽しいよ!」と、このところぐいぐい押してくるしその師匠のK先生も、先日会った途端に「鼓やりませんか?」 だったし。・・・いつぞやの怖い夢を思い出すなあ…みんなの発表会を観に行っただけなのに、楽屋に引っ張り込まれ装束を着けられ、揚げ幕の前にすごい力で押され...

  •  4
  •  -

鼓とコラボ

等と書くのもおこがましいが稽古仲間で、めちゃ行動力ある『Tさん』のことは何度か書かせてもらったが今日、その『Tさん』の企画で、能の小鼓方の古賀裕己先生に鼓を打って頂いて、朗読をするというのが!プロの小鼓方に素人が何をさせる!?と腰も引けたけれどそんな小鼓方もそうあるまい。こんな機会もそうあるまい。乗っかってしまった。。。!古賀裕己氏については、画像引用は著作権もあり、興味あれば検索されたし読むのは...

  •  0
  •  -

歌舞伎に

国立劇場での通し狂言『伊賀越道中双六』ああ、また転がる★急な寒の戻りの中、厚手のダウンでのしのしと、四谷の駅から歩いて行った。3年ぶりの再演で、客の入りは上々か。国立劇場は今年50周年だそうな。3階席でオペラグラスを忘れたため、顔が確認出来ない・・・ううむ、吉右衛門さん、芸風大きいけど、歩き方がやはりお年寄りだ・・・年寄役ばかりの歌六さん、さすがにいいなあ♪この人、悪女形・八汐の役もよかったし、何を演...

  •  0
  •  -

世界まるごとクラシック

あ~また★ だめだ。編修しても画像が正位置にならない。これは国際フォーラムの舞台。青島広志の『世界まるごとクラシック』 10年目の記念コンサートに行ったのである。今日の席は最前列、舞台がこんなに近い。「いいじゃない」と言われそうだけれど、そうでもないのだよ音が頭の上を通り過ぎていくし、楽団の後方に位置する楽器の演奏が見えない。これは結構つまらないのだ舞台両袖に、後方席の客のためのモニター大画面があ...

  •  0
  •  -