2011_02
20
(Sun)12:47

完全1日2食 

持つもんですよお腹。

昨年夏から栄養スープ的なものを飲んで一食の代わりにしていたけれど、それもやめた。

玄米食におかず色々。よく噛んで噛んで、それで十分半日持つ…身体が慣れて来たのね。
身体が軽いし、ズボンが緩い♪ 健診の数値もいろいろ下がってほぼ正常。
ほぼ・というのはやはり骨密度が少しずつ落ちている。運動しなきゃかな。
朝の散歩は続いているけれど。

、『カルシウム補給には牛乳』と言わないでね。あれは逆効果、むしろだから。
分子栄養学を覗いてみればわかる。

体温がこのところ、朝、布団の中で計って36℃近くになって来た。
以前は34℃台の事もあった。1℃上がったわけ。よしよし免疫力も上がってるかな?


私は今は朝抜きだが、『朝食は抜け』と説くのは甲田式。 
朝は排泄の時だから、排泄する前にまた食物を詰め込んでは内臓が休まらない・というわけ。

かかりつけの鍼灸師は「夜は食べない方がいい」という。
夜を抜いて内臓を休めると、夜中の12時から3時の間に出るホルモンが身体を修復し、
やがて五感も冴えてくる・と
だから夜もちゃんと早く寝ないとだめなのだと、治療に行くたびに説教される。。。
シャワーではだめ、湯船につからないといけないというのは、浮力で骨が重力から解放され休まるからだそうだ。
疲れを取るには骨も休めなければならない。

いろいろあるが、両者共通は、現代人は食べ過ぎ・ということだ。内臓が疲れ果てていると。
その結果、種々の病気に侵される事が増えたのだ・と。

確かに、うちのオヤジ、足腰不自由で運動も出来ないししないのに、食欲だけは衰えない。
達磨のごとき体型、重いったら無い。あれが食事療法を取り入れて痩せたら、きっと頭もすっきりするだろう
・と娘は親不孝かもだが思っているのだ。
しかし本人は聴く耳持つものか。人生残り少ないなら好きにしろ・と周囲も思ってるし。
(でも介護する方は大変だよトイレくらいは自分で行って欲しい…)



健康な田で栽培された玄米なら、もう極論、それだけで他に食べ物は要らないらしい。
 それなら献立に悩むことも無くなるな~~♪ (ものぐさ!)
まあ、もうちょっと自分の身体を実験台にやってみる。

今度の夏の暑さはどうなるか。自分がどんなふうになるか
夏の汗、あれがほとほと困りものだった。体温が上がるとそれが減るとかいうことで、ほんまかしら? 楽しみ。

110219hiyo.jpg
今日も大食いなヒヨドリ君


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment