2017_04
27
(Thu)20:34

あしかがフラワーパークへ 

そろそろ藤の盛りかと、初めて行ってみた。
車も考えたが、何があるかわからないので電車で。
2時間そこら。意外と近い。
乗り換えの館林駅で、ほのかに甘い香り…
「藤かな?」と見回したけれど見えず。

富田駅から徒歩で10分足らず。
沿道は何も無い・と言うのは失礼だが、普通の静かな田舎町。
大谷石の蔵?
IMG_5969.jpg

あしかがフラワーパークの手前の道で、
個人の屋台(?)で古着を売っていた。
ピカピカの礼装用袋帯など。。。
外国人は喜ぶかも。

さて、パークの駐車場には果たして観光バスがずらり!
団体がぞろぞろ!
すり抜けて個人客用の窓口へ。
入場料・大人1500円     ま、稼ぎ時ネ・・・


入口を入ったらこれだ!
IMG_5972.jpg
と~おりゃんせとおりゃんせ・・・って?アザトイ・・・

  (通り抜けながら試食してみた。うーん、よくある味の菓子。
  干し柿を使ったやまは美味しかった)


が!
通り抜けると

どーん★
20170427_111615.jpg
見事な藤のお出迎え! 


IMG_5974.jpg

IMG_5999.jpg

外国人客が多い!
どうしても写真に写り込む。
人の少ない時を狙うも時間が掛かる。
今がこれでは、GW中はものすごいんだろうな。。。


IMG_6001.jpg

さまざまな花が咲き乱れ・・・
IMG_5977.jpg

IMG_5982.jpg


藤はまだまだこれからという感じか・・・
匂いが薄いのだわ。 藤の濃厚なねっとりしたあの匂いがあまり無い。

名物の大藤もまだこんな感じ、GW辺りが見頃かも。
20170427ofuji.jpg
さぞや見事だろうねえ。

IMG_5985.jpg
はいクリックね(^^)



20170427pinku.jpg



たくさんの作業員が園内のあちこちで、草むしりやら花の手入れをしていたが、
この藤の花が散ったのを片づけるのも・・・エライことだよ…
お疲れ様です・とつい声を掛けたりした。



そんな中、この藤の色がなんともかわゆくて
グレイのガクに、ほんのりピンクのグラデーションの蕾
IMG_6004.jpg
食べちゃいたいくらい♪



で、この時期だけという 藤のソフトクリームを食べてみた
IMG_6005_20170427200646aa8.jpg

。。。ふつー。。。
歯にしみるほど甘くないのは良い。



園内の店で蕎麦を注文
20170427_112548.jpg
汁は美味しかった。
生ネギがデカかった…   生ネギ好かん・・・
IMG_5997.jpg




フラワーパークを出た後は
近くの 栗田美術館へ。
伊万里・鍋島の世界最大級の美術館だそうな。

ここは静かだった。IMG_6010.jpg

新緑が目に沁みる。
鳥の声も賑やか。
IMG_6014.jpg

IMG_6016.jpg

IMG_6015.jpg
咲く花も慎ましく

IMG_6017.jpg


古伊万里・鍋島・・・・
元禄頃の作成品が多く、意匠も面白い。
ひび割れ一筋も無い、何とまあ良く保存出来たものだこと。
もちろん重要文化財級のモノも。


色もコテコテからサラっ・と 色々。
私はサラリが好み。



歩き疲れて帰りの電車は当然のごとく居眠り。
まずまず有意義な一日であった。



===========

帰ったら、瓜子の轟々たる雄叫びで迎えられた。

ふと思ったが、拾った時、瓜子はせいぜい生後1か月半
声を聞きつけてそばに行くまでは、ぴゃあぴゃあと大声で鳴いていたが
手のひらに乗せ、連れ帰ってからは全然鳴かなかった。
一人で遊び、人間を呼ぶために鳴くということはなかったな・・・

で、いま、歳取って、あの頃のちびに戻ったのかしら?呼んでるのかしら?
それでぴゃあぴゃあ・・・ 今は ガオオオオ!だけど
鳴くのかな?と。







スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment