楽しきゃいいのよ・の 怠け者の日記



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

sakuragoromo

Author:sakuragoromo
 桜衣 もえぎ (仮の名)

退職してのんびり暮してます。
猫♀1匹 ♂2匹と同居中。
趣味は着物で観劇・旅行 他。

時には三井式温熱療法師
温熱は良いですよ~。受けてみませんか?

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



父の四十九日法要

   
正確には35日?
かなり早いが、農作業で忙しくなる前に、とのことで実家に行った。

昨夜は母の部屋に行くと、父の異変の様をマシンガンのように母は喋った。
耳が遠い上に、補聴器もいやがって使わないので、やたら声が大きい。
こちらの耳にキンキン来る・・・
実際父の世話をして病院に連れて行き、付き添った姉は、
後ろで(しょうもない)という顔で苦笑している。


そして法要の今日、良い天気!
その分、風が強い。冷たい!
IMG_5836.jpg


フォーマルスーツはスカートの足が寒い!
スカートなんて穿いたのは何年ぶりやら…
ハイヒールも、正直足が痛い…
(親父~、あんたのためだぞ)

読経を終えて、納骨もした。
昨日、大急ぎで掃除して水垢を落とした墓はスッキリ!
父の遺骨を子や孫が一掴みずつ墓に入れ、残りを弟が一気に納める。
noukotu.jpg

その後は昼を兼ねた宴会を、町営のホールで…
が、母は
「おら、行かんわ」
車椅子もあるし心配ない、と皆が言ったが、聴く気配はないので好きにさせることにした。

メニューの中の釜飯を、妹がラップに包んでお土産に。
薄味のおいしい釜飯だった。


さてこれで一区切り…


これが葬儀か~!💧
というのが感想である。
近い身内に死なれるのは初めてだもの。
臨終を除き、ことごとくに立ち会うのも初のこと。

…疲れるものでありますこと。
姉や喪主の弟はもっと大変だったろう。

こじんまりと静かに親族葬…やはりいいかも.




帰路の新幹線車中にて…
軽井沢が雪景色で驚いた。


======================
スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>