2017_03
08
(Wed)20:45

歌舞伎に 

国立劇場での通し狂言『伊賀越道中双六』

20170308kabuki.jpg
ああ、また転がる★

急な寒の戻りの中、厚手のダウンでのしのしと、四谷の駅から歩いて行った。
3年ぶりの再演で、客の入りは上々か。
国立劇場は今年50周年だそうな。

3階席でオペラグラスを忘れたため、顔が確認出来ない・・・
ううむ、吉右衛門さん、芸風大きいけど、歩き方がやはりお年寄りだ・・・
年寄役ばかりの歌六さん、さすがにいいなあ♪
この人、悪女形・八汐の役もよかったし、何を演じても存在感がある。

菊之助、今日は立役、いい男っぷり!

米吉くんは遠くからでもわかる、今日もまた、なんて可愛い女形
これが歌六さんの息子なんだから「え?!」である。

又五郎は忠義な武士ととぼけた奴の正反対の2役で楽しませてくれた。
たぶんあれが息子たち歌昇・種之助、うん、出番は少ないが今回も凛々しくて良いわ。
種之助は・・・ど忘れしたがAUのCMで鬼ちゃんをやってる俳優に似てるのだ。

そして、 
えっ?まさかあれがイケメン隼人君? まさか?
でも八の付く人物はあれしか無い・・・なんと驚きの役ではないか?

話は例によって進行が退屈だけど、役者のあれこれで楽しめた・・・
(邪道かしら?





===========

もうペラペラで、少しの風でも飛ばされるんじゃないか?のタミー。
IMG_5807.jpg
それでも2階にも上がってくるし、スリッパをガジガジやるし
療法食を手から食べさせるのを待っているし。

さて入浴の前に食べさせるとするか・・・



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment