楽しきゃいいのよ・の 怠け者の日記



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
<< 2017 >>
プロフィール

sakuragoromo

Author:sakuragoromo
 桜衣 もえぎ (仮の名)

退職してのんびり暮してます。
猫♀1匹 ♂2匹と同居中。
趣味は着物で観劇・旅行 他。

時には三井式温熱療法師
温熱は良いですよ~。受けてみませんか?

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



東山魁夷 障壁画展

   
なんで今、茨城水戸で障壁画展?
と思ったら、今、唐招提寺御影堂は修復中らしい。
お陰で奈良まで行かずとも、かの障壁画を目にすることが出来た!

IMG_5718.jpg



『濤声』
『揚州薫風』
『黄山暁雲』
『桂林月宵』
そして
『山雲』
など・・・


これが人の手になるものだろうか?!

絵を前に思わず立ちすくむ。。。

波の音、波の響き、風の音、樹々のそよぎ、霧の湿気 鳥の声までも感じられる。

IMG_5725.jpg


『濤声』 に描かれた海は、日本海の色に似ている
と言うか、故郷の海を思い出させる色だ。

この広大な海の絵を前に、畏敬の念、懐かしさ、
そして寂寥感、無力感がじわじわと湧き出でて
なぜか泣きたくなってきた

この荒れる海を10年を超える時間を掛けて渡って来られた鑑真和上は、
むしろ希望と揺るぎの無い強い意志をお持ちだったであろうが・・・
泳げないから私ゃ海はコワい


『揚州薫風』

墨絵だが、色が見えそうだ。
風に揺れる柳の葉が、肩に触れる気配さえする。

30年以上前か、中国を旅行して、蘇州や桂林にも行けた。
蘇州では、すでにその頃減りつつあったと思うが
昔の絵にあったような水郷の田園風景を、僅かの時間であったが見た。
岸辺の柳が揺れ、荷を乗せた小さな船が、農民の棹差しでゆっくりと通り過ぎて行った・・・
美しかった昔の中国・・・


『山雲』

深山幽谷・・・
碧一色、いや濃淡様々の緑が画面に拡がっている。
山間の霧の向こうから、不如帰の声が聞こえそうだ。
微かに風の音、滝の音なども聞こえるかも。

この前に座って、座禅など出来たら、心は遥かな向こうにも行ってしまいそう・・・

黄山や桂林の岩の姿もいいけれど、
やはり緑の山々の絵がいい。

客は次々入って来ていたが、時折 誰もいなくて目の前が空くことがあって
その時は独り占めで絵に見入った

行きつ戻りつ、2時間ほど過ごす至福の時・・・





のあと、千波公園をぐるり歩いて駅に向かう。

IMG_5720.jpg
薩摩守か?     ただのり(笑)


白鳥が落ちてる!
IMG_5721.jpg

んなわけ無い、お休み中?
こんな道のすぐそばで?
まさか鳥インフルエンザで具合が悪いのではないだろうね?


IMG_5722.jpg
この公園の鳥は余り人を怖がらない。
さすがに寄ってはこないが、スズメさえ足元をちょこちょこ歩いていたりする。


カイツブリとか?
小さい鳥で、すばしこく水に潜って、ひょいっと別の場所に出てくる。
それが人と違ってビショビショ・と言うわけではない、
水滴さえ見せない涼しい顔だから、おおっ・と感心する。
2017kaituburi.jpg

駅からの途中、川で野生の黒鳥を見たし。
2017kokutyo.jpg
公園の池にも何羽かいた。
鳥インフルのため餌やり禁止で、寄って来られても切ない。



片道2時間、
やっと生で原画が見られた!
今日はいい日だった!

===========
スポンサーサイト
| comments(2) | - | page top |
お裾分け
読ませて頂いて、想像で自分も見た気分に浸り
色々思い出されて、ほろり。
昔昔大昔、金沢の美術館で東山魁夷展を観た時がオーバーラップしました。

人を感動させられる仕事って。
瞬間に体中の血が逆流するみたいに、鳥肌が立ち、溢れる思いの正体は解せずとも、浄化の涙で潤う。感動の二重奏。

いい時間をありがとうございました。
Re: お裾分け
igawaさま

こんにちわ。そちらのお天気はどうですか?

図録でも買えばもっといい画像をつけられたでしょうが
もう本は増やさない事にしてますので・・・
絵ハガキで失礼。
記憶にある・と致しましょう。

魁夷展を実際にご覧になったことがおありなら
雰囲気はわかって頂けると思います。

素晴らしいですよねえ・・・
ほんとに「わあ・・・!」と一声出たきり、あとは何も言えない。

今後、機会があるなら、唐招提寺御影堂で拝見したいです。

コメントありがとうございました。





<< NEW | TOP | OLD>>