楽しきゃいいのよ・の 怠け者の日記



   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
プロフィール

sakuragoromo

Author:sakuragoromo
 桜衣 もえぎ (仮の名)

退職してのんびり暮してます。
猫♀1匹 ♂2匹と同居中。
趣味は着物で観劇・旅行 他。

時には三井式温熱療法師
温熱は良いですよ~。受けてみませんか?

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



カルガモっ!

   
気圧の変化が激しいせいか、このところ身体が重くてだるくて・・・
ウォーキングの足も重いが、一応今日も出掛けた。

と!!!
用水を覗いていた何処かのおばさんが 
「ちょっとちょっと!見てみて!」
と手招きする。

160625_1707~01

カルガモの親子!

流れの中のわずかなゴミの上で、6羽のひなが身を寄せてる。
ちょっと後に、親ガモが帰って来た。

あああ、巣と言うには哀しい、脚が水に濡れっぱなし・・・
でもこの小さな雛では、岸辺に上がることは出来ない。
僅かでも、休める場所が出来ていてよかった・と言うべきか。



逞しく生きてる・と言えばそうだけど、
もう少し、人間以外の動物に優しい設備にしても良いではないか。
日本の川と言う川をこんなコンクリで固めちゃって!

近くの小さな調整池、去年までは葦が茂り、ヨシキリの声がして
子育てもしている風だった。
それが今年、ブルドーザーが入って何するかと思えば、
そこをコンクリートで固めてしまって・・・!
ヨシキリは巣を追われるし、この先は照り返しで暑いではないか!
何のための工事?
草はらにして置いてはそんなに不都合か?

という腹の立つことが、歩いていると目に入ることも多く・・・
哀しくなるんだよねぇ・・・

せめて6羽揃って元気に育っておくれね、子ガモたち。



スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>