2016_06
07
(Tue)17:54

今日の猫 

タミーを病院へ。
口にレーザーを当ててもらう。

これが効いてか、注射が効いてか、昨日からやたらと皿の前に行って待っている。
カリカリもウェットも食いつくのだが、まだヨダレがひどいので
からまるのか?
口の中で巧く噛めないようで、ゲロッと吐きだす・・・・
キチャナイ・・・
吐くなら食うな!であるが

瓜子は押入れから移した洋服タンスの中で、一晩音も無く過ごした。
いや、正確には時々 「おえっ…」 が聞えた。

「おはよー、具合はどう?」
抱きかかえると 「んがあ」としゃがれた声。
でも熱は。。。そんなではなさそう。

水をシリンジで口へ流し込む。
瓜子はちょっとだけ飲みこみ、その後でちょっと吐いた。
更にその後はまたちょっとずつ飲み込んで、お腹の中でグルグル音がする。
胃にまでなんとか入ったようだ。

ちゅーるを差し出して見たら、半分ほど舐めた。
まぐろ味は気に入らないらしい。
でも牛肉入りは近くには売ってないのだよ~。

膝から降ろすと、傍らに置いたトイレに入って、またおしっこ。
ウンチは無し。

うーん。
吐き気止めを注射するべきか?
してもいいものだろうか?

余所の犬に籠を覗かれるタミー
20160603_110032.jpg
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment