2016_05
15
(Sun)09:03

歩いて歩いて 


近在を歩き回ることはや4日。

狭い所だ.と思っていたが、歩くと広い。
山の細い横道をいぶかりつつ、最近増えているイノシシに遇わないか多少びくつきつつ越えて行くと、
えっ、ここ隣集落へ通じてた!?

生まれた土地なのに、殆ど知らないなあ…

反面、記憶にあったはずの道が、工事で、或いは使われなくなって草木に埋もれて無くなっていたり。


一昨日は、うちよりも奥深い在所に行ってみた。
ここから学校まで4キロ近く
行けども行けども…遠いわっ★

小学校入学のその日から、四人の同級生が毎日歩いて登校し、それで脚は鍛えられたのだろう
運動会では常に上位独占だったっけ。
今は皆他所に行ってしまった。


と、道端に ~~~~ な形の紐が伸びてるのに気付いた。

なんだ?と近寄ったが、動かない…
シマヘビに似てるけど…?このギザギザ状態は何?
おもちゃ??

と、尻尾の先をちょっとつついてみたら

ギザギザが瞬間に ピン!と伸びてシマヘビになって、さささっ.と逃げて用水にポチャン!と落ちた。

あらら★流された?
コンクリートの壁じゃ上れない。大丈夫?
が、少し先でコンクリートが切れて、土になっている。
そこなら上って来れるね。
安心してまた歩き始めたが、あのギザギザ~~~状態、ホント何ですか?

4キロ…今時は車かスクールバスで送り迎え?
こんな遭遇や発見や道草の楽しみも無い…
つまんない世の中になったもんだ

で、10km歩いた。
疲れた脚がカクカクとなって、ロボットになった気分。


そして昨日は、反対方向の隣町への山道をてくてく。
行き合う人は少ないが、皆(なんで歩いてる?)的な
不思議そうな目で見る(笑)
お宮の鳥居が見える所まで、4km強。
バスの窓から見えていたが、初めて立ち寄る。
近道ないかな?と、川沿いの道にいったら、バシャッ!と音がして
大きそうな魚が素早く逃げ、川の淵に姿を隠した。
ホント、かなり大きい!

ヌシ?

或いは洪水で流されて住み着いた鯉かも。
護岸工事がなされていないところがあり、何とかまだ生きて行ける環境だろうか。
残ってほしいなと、お宮さんに手を合わせて、そこで引き返す。


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment