2015_07
05
(Sun)19:20

東京大衆歌謡楽団 

と これ、バンドの名前。
150705_1837~01

近くでコンサートがあって、何気に行ってみた。
兄弟3人のバンドで、出身が富山だという。
歌が長男、アコーディオンが次男、ベースが3男。
昭和生まれの平成育ちながら、昭和初期歌謡にはまって、
髪から服装、姿勢、歌い方もそれに似せ、
岡晴夫や霧島昇、藤山一郎の様な声と歌い方である。

客はもちろん老高年(^^;
杖をついて階段を上り下って来る人が目立つ。
エレベーターのないホールだからねえ・・・
しかもこういう所に慣れてなくて座席番号がわからないようで
別の席に座り、係員に何度も説明されて、やっと自分の席が1列前だと納得するような・・・

まあそういうことはおいといて

昭和初期ではさすがに古くてわからん。
聴き覚えのある歌は多いが、知らない歌もあった。
平成育ちがよくこんなの覚えたね~~。
それに昭和初期歌謡は、前奏間奏が長いこと!!
「丘を越えて」だったか、あれは前奏が数分あるのではなかったか?

老高年客は大喜び、拍手手拍子ノリノリだった。
こういうのも良いかも。
すっと入って来て楽しめる。楽しいぞ!

しかし 昭和90年 て いいわあ

そうか、昭和は90年になるのか・・・


===================


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment