2015_02
22
(Sun)23:21

落語あれこれ 

ここ3回ほど続けて出掛けた落語の会の感想である。 
呼び捨てで言いたい方題、ゴメン遊ばせ。

先日 立川志らく を初めて聴いた。
「火炎太鼓」だったが、熱演(らしかった)にも関わらず、うとっと寝てしまった私・・・ 
ちょっとやかましかったので、耳がシャットアウトしてしまったみたい。
あんまり力んでヤカマシイ話しぶりは、聴いていて疲れるのよ

立川一門は聴いたことが無い。
立川談志があまり好きではなかったから、意識して避けていたかな。

同じく初めての一之輔は面白かった。マクラも楽しかったし笑ったし
また聴いてみたいかも。
 
木久翁の弟子?林家たい平
これも林家三平ほかのあの一門の芸風が好きではなかったので・・・ 実は初めてなわけ。
好きでないといっても、テレビでおちゃらけてるのしか見聞きしてないので、かなり偏った先入観であった。

なんとしっかり話してるではないか・たい平! (あたりまえ?^^;)
面白かった。 また行くかもよ。


そしてまた初めての白鳥。自作の新作落語・・・・
「マキシム・ド・飲兵衛」?

ゴメン、つまらない。何かイライラしてしまった。
しょぼい居酒屋が超一流レストランの上っ面だけ真似したところで、
ろくなものになるわけ無いじゃないノサ★
と言う、我ながら実に現実的な興ざめな理由からである。


そして目当ての花緑師匠。
そのマクラ、もう3回も聴きました。そろそろ新しいのを聴かせてくださいな。
落語は面白かったけれどね。

落語って高くないし楽しいし、ホントいい娯楽だわ♪




スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment