楽しきゃいいのよ・の 怠け者の日記



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

sakuragoromo

Author:sakuragoromo
 桜衣 もえぎ (仮の名)

退職してのんびり暮してます。
猫♀1匹 ♂2匹と同居中。
趣味は着物で観劇・旅行 他。

時には三井式温熱療法師
温熱は良いですよ~。受けてみませんか?

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ああ、成人式ね

   
稽古日で行ったら、駅前には何やら派手派手な色柄がちらついており・・・
見れば振袖姿がいっぱい。
ああそうか、成人式か★
美容院呉服業界、稼ぎ時の日ね。

かき分けながら歩きつつ、観察してみると、
振り袖はみんな立派だけど
女子は全員と言っていいくらい、頭にびらびらの飾りをつけている。
いったい何だあれは。
仮装大会か安キャバレー・・・とは連れが呟いたことだけど
私もそんな気が無きにしも非ず。
コスプレ感覚なんだろうな~。
キャアキャアと黄色い声で騒いで、凛と・楚々と・という風情は皆無・・・
ああ時代の溝は埋められないわ

中に一人、紫色で松を総絞りにした少しアンチックな風情の振り袖の子がいた。
母親のものかも?
これが私らにはしっくりくる。
この子は頭飾りもそんなに派手ではなく、清楚に見えた。
その友達か、やはり周りに比べれば地味目な青い地に、花がさらりと散っている柄の振袖の子。
こちらも髪飾りはちょっとで髪を小ぶりにまとめて、うん素敵よ
写真撮らせてもらおうかと思ったけど・・・通り過ぎて来た。

時代劇の若殿の様な金ぴか羽織袴のオノコもいた!
騒ぐなよバカ殿・と思わず心中で呟いてしまった。

振り袖娘たちのそばには、母親か身内か中年の女性が少なからずいた。
娘を華やかに飾り立てて満足なんだろうねえ・・・お疲れ様でした。


スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>