楽しきゃいいのよ・の 怠け者の日記



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

sakuragoromo

Author:sakuragoromo
 桜衣 もえぎ (仮の名)

退職してのんびり暮してます。
猫♀1匹 ♂2匹と同居中。
趣味は着物で観劇・旅行 他。

時には三井式温熱療法師
温熱は良いですよ~。受けてみませんか?

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



早池峰神楽

   
昭和57年と言うと・今から何年前?
岩波ホールで異例のロングラン上映となった、羽田澄子さん制作の『早池峰の賦
今やユネスコ文化遺産にも指定された、その早池峰神楽をいつか見たいと思いつつ ン十年。
やっと昨日見ることが出来た!

岳神楽大償神楽を合わせて 『早池峰神楽』と称するらしい。
IMG_3151.jpg

岳神楽は17日で今年の舞い納めをしており、大償神楽が21日に舞い納めと聞き、行った!
盛岡の知人夫妻にはまたまたお世話になって、感謝!
二人がいなかったら、まだ見られずにいたのは間違いない・・・ありがとう!!

で、
寒いかと思ったが、さほどでもなく今日は0℃かそれより少し下。雪もそんなに深くない。(深いのは日本海側だそうだ)
しかし当然大迫の山の中の道は凍ってつるつるで、関東に合わせた靴では危なかった。


会場は神楽の里。移築された民家である。
IMG_3084.jpg


141221_1031~01


その前に大償神社での神事にも後ろの方で参加させてもらい、
11時からいよいよ神楽が始まった。
IMG_3108.jpg

・・・すごい!

前日に企画展『神楽を支えた人々』で羽田さんの作った短編『早池峰神楽の里』を見て、
予想を上回る神楽の素晴らしさに圧倒されたが・・・
やはりナマはもっと迫力だった!

太鼓と鉦の音がぐいぐいと押してくる。
単調なリズムだが、聴いていると血が沸き立つような。
舞い手が跳んで跳ねて床を踏みならす音が、こちらの座った足の下から、体にずんずん響いて、
何とも心地良い。恍惚となりそうな。


昼食抜きになったけれど、それも忘れて5番の神楽と狂言1番、見とれ聴き惚れた。
後継者の若い舞い手の踊りも良いが、年配の舞い手の貫禄風格、これがまたよかった。
ああ年輪の美しさだな、無駄に年を取りたくないなと、こんなときにしみじみ思う。



昼とておとなしくきれいに終わったと見える。
「これが時間が経ち、酒が入ったら、もっと卑猥さが増すんだろうね・」と、同行人が笑った。
きっとそうね~(^^) それが民俗芸能だもの。
   と言ったけど、解説の何処にもそういうことは書いてない・・・失礼したかも

花巻では月に一度の神楽の定期公演があるそうな。
それに合わせてまた行ってみようと思う。
東北は美味しいものがあるし(これも大事)おおらかだわ~。
大迫は葡萄とワインの産地でもある。当然ワインは買ってきた!



スポンサーサイト
| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>