2014_08
23
(Sat)12:36

災害は 

忘れた頃にやって来る   というけど
この頃は忘れないうちに次々襲ってくる。

広島の土石流災害はどんどん死者・不明者数が増えていく・・・
悲惨な・・・

被災を免れた人が取材テレビで
「自分がこんな目に遭うとは思いもしなかった」と口々に言っている。

今後また責任の所在をめぐって訴訟が起きるのだろうか、と思ってしまった。


「行政が早く知らせてくれないから被害に遭った!」というのは、
人頼みすぎるのではないか。
上からのお達しを有難がり寄りかかる日本人気質だが
少しは自分で判断して行動する必要があると思う。
東北震災の津波から、自分たちの判断で逃げきった子供達の例もある。

憤りを誰かにぶつけたいのはわかる
確かに行政に手抜かりもあったろうが (いや、そもそも行政も読みが甘すぎる)

けれど
余所で何があっても自分だけは無事、自分の所だけは安全
と思い込むのは・・・大いなる心得違いと思うよ。
もはや予測不可能、いつ何処で誰がどんな災害に遭うかわからない。

今夜は関東も雨になるらしい。場所によっては大雨とか。
車にガソリンを入れ、人間用と猫用フードも補充した。
蝋燭とカセットコンロはある。着替えもバッグに詰めて置いてある。
竜巻で家が吹っ飛ばされたら、準備も何もお手上げだけれど

家が無事なら、とりあえず1週間くらいは生きて行けるはず。
その先は・・・その時の状況で考えるとする。


こんな極端な恐ろしい天候はこの先も続くだろうか。
それならますます真剣に考えていなければ。











スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment