2014_01
07
(Tue)18:17

都内の温泉に 


夕べも冷えた。
朝の室内気温は10℃を切っていた。
寒いと風呂の支度が面倒になる(-_-)
「温泉街に引っ越したいな~」
とぼやいたら、友人が
「じゃ日帰り湯に行こうよ」

ということで

以前行ったさやの湯処へ。以前と言っても一年前。早いこと。

ここの露天風呂はしょっぱい。成分の濃い塩泉である。
だからポカポカと温もりが続く。

まず温泉で暖まり、お昼を食べ、一眠りして、次は岩盤浴へ
これこれ、これに入りたかった。
玉の汗が全身から噴き出て、汚れがみんな流れ落ちる気分
後のお肌はさらっさら!

最後にまた塩の湯につかって、体重は1.5キロ減。体が軽い。

半日遊んで1500円。安上がりなレジャーだこと。

しかしお風呂のあちこちで日本語でない言葉が飛び交っていた。
中国語、韓国語?他にもあったような…
この辺てそんな人たちの町とか出来ていたのかしら?
友人とひとしきり韓国や中国の風呂はどんなだろう.と話し


帰宅してもまだ体はポカポカである。楽しかった。


でもやはり、温泉の近くに住みたいなあ。




スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment