2013_08
04
(Sun)11:12

左と右では 

暫く忘れていた体温測定を、ここ数日からまた始めたが
左腋下に当ててびっくり
「げ!?35・1度
「34・7度ぉ

夜、風に当って、手で触っても体表がひんやりとしている時とはいえ、あまりに低い。
朝起きぬけに計っても35℃中くらいで。

当てどころが適切でないのかな?

右腋で計ると35・7℃とか、今までの体温なのだ。
口の中、舌下で計るとだいたいいつも36・2℃。  

深部体温は普通 (…でもないか)だが、体表が冷えてるということか。
体調は全然悪くない。夏バテ無し。食欲旺盛。夜は爆睡! 毎日快便!
暑いから外出はしてない・・・

温熱後でもどうやら左の方が低い。
今までも何かというと左半身が不具合が多かったけれど、それが影響してるだろうか。
暫く左右両方で計ってみるか。

しかしなぜ「体温測定」と言われて左にすっと体温計を差し込むんだろう?
右利きだから?…で、自己完結か




ついでにほかの状態を書けば、術後4か月、視力は落ち着いてきたようだ。
一時右目の飛蚊症がすごかった。後発の白内障か?と思ったが、医者は
「大丈夫でしょう」しか言わなかった。
どこが大丈夫なんだよ!とイラつきつつ過ごしたが、このところようやく気にならなくなってきた。
アロエベラ液を目薬がわりに注してる、口から飲むのと相乗効果で効いてきたかな。

しかし仕事をするにはちょっと不都合な視力。
ノートの字が、顔を机に近づけないと良く見えない。首肩が疲れる。
あと5cmちょっと先に焦点が合えば良かったのに。
早く近く用のメガネを作らねば…下旬に診察があるのでその時には視力が計られるだろう・それまで我慢か? 
仕事の期日も近づきつつあるが、こういう状態なので集中がイマイチ。


130804_1602~01




スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment