2013_05
21
(Tue)19:52

ミツバチ騒動 


昨日の夕方、小型の虻のような昆虫がたくさん家の中を飛び回り、ブンブンとやかましかった。

窓から外に追いやったが、その時廊下の突き当たり天井裏あたりから、もっと羽音がするのに気付き…
天井板にコツンコツンとぶつかる音もしきりにする。

床に落ちてるその昆虫の死骸をよくよく見て、
にほんみつばちじゃないか?
と。
分封で新女王と共に入り込み、巣を作ろうとしてるとか?

あらら!

スズメバチほど脅威ではなく、触らなければ害は無いがしかし、巣が壊れたりすれば蜜が垂れてくるとか、それはちょっと…
かといって駆除はイヤだ。いまミツバチは減っているとか言うではないか。

何とかならないかと今日はネット検索したり、電話やらしまくって、県内は能登町の養蜂家さんに連絡がつき、
見て貰う段取りをつけたが…


夕方になっても前日のような羽音も無く、ミツバチの姿も見られない。
どうしたのだろう、中継地にしただけかなと思いつつ、押し入れの天板を押し上げ、暗がりにライトを向けた。

シンとしている… ミツバチはいないようだ。

と!向こうの隅っこで何かがもぞもぞと動きながら移動しているのに気づいた。
よく見えない… だんだんそれはこちらに近づいて来る。ネズミ?ムカデ?

私の視力でようやくそのものがわかった時は、かなり近付いており

スズメバチ

慌てて天板を閉じた。
それでミツバチは逃げたのか。昨夜の羽音は、スズメバチと戦っていた音だったのかも?
無事に他所で巣を作れたら良いけど…


しかし今度はスズメバチの問題が
どうしよう。まだ数は少ないと思う。退治するなら今だが、やってもらえるのだろうか?

ミツバチは助けたくて、スズメバチは駆除!って、身勝手でえこひいきで不公平だなあ…




スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment