2012_10
03
(Wed)20:41

出張! 

曇り空の下、出張温熱にでかけた。
遠いから遠いから・と恐縮していたお客さま、
でも行ってみると電車で1時間半の距離だった。

お客様の病歴は長く、より良い結果を求めてあちこち行ってらっしゃるそうな。
帯に短し襷に長し・じゃないけど、「悪くないけどいまいちな…」と言う感じ
わかります。
そうなのよ。だから私も肩こり背中コリがきつくて仕方なかった頃、物足りなくて
色々とり混ぜて並行してやっていきたかった!
でもそれを良い顔しない所が多いのよね。

それはさておき、

触ってみると、お客さんの背中は硬い。
でも今迄触った【凝り固まって硬いの】とは違う手触りに思えた。腰揺らしも軽々揺らせたし。
(おっと、私は医者じゃないからこういう言い方はいけないんだった)

初めての方なのでいきなりアチチのガシガシは良くない。
発病して長いからいきなりガンガンやっても効かないし、痛みが増すだけになる。
まずは一番上の皮をほぐすように念じつつ・・・

しかし温熱器が「こりっ」と当たる所はついガシガシやりそうになって
「いかんいかん、ソフトにソフトに」 自分に言い聞かせて意識して力を抜く。

それでか、施術後にお客さんは眠くなることも無く 「心地いい感じのだるさよ・」
と言うメールを戴いて、良かったと胸をなでおろす。
すごく勉強になった。

熱が入って体がほぐれてくれば きっと良い方に向かうと思う。
がんばらなくちゃ!








スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment