2012_08
07
(Tue)09:49

昨日は出張温熱 

着物仲間のS嬢のお宅へ。
「暑いのやだ~」と言ってたら、雨になった。これまた蒸暑さで汗腺全開。

S嬢と御父上にお試しの温熱である。

御父上は寝違えで首が痛いのが治らないとか。
うむむ、私が何とか出来るかしら?(医者じゃないから『治る』とは言えない身。)

T講師に繰り返し言われた 『頸がすべて』というのを念頭に
頸の付け根の筋など中心にやってみたが・・・
御父上はご高齢なので、火傷させないかという心配もあり。
初めてのお客さんには緊張する

御父上も温熱は初めてで、「いや、あついもんですね!」
すいません。

S嬢はちょっと気ウツ気味とかで、これも首が中心の注熱になるのだが
すぐ真っ赤になって、これまた私はちょとびびってしまったり。

いや、ここで前に押さねばならぬ・とまた注熱。

お互い汗びっしょりになった。(冷房が無かったし

いつもより短時間の施術なのだが、S嬢は「背中が軽い」
少しは効いてるかな。もっとじっくりやりたいんだけど、それには
もうちょっと気温が下がってから・・・

お二人は熱かったろうけど、わたしは暑かった~~!
背中の汗が流れてジーンズが色変わり どんだけよ!?
着替えのトレパンをもって行ったからよかったけど。

ともあれ、今日もいい経験させて頂きました。

S嬢、その後どうですか?
今度ほんとにじっくり熱を入れたいから、家に来てね。
猫に荒らされてるけどね。そうだ、掃除しなきゃ

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment