2012_06
27
(Wed)15:44

怖い話 

時々覗くブログで、怖い日記があった。

http://ameblo.jp/kimonomania/

晴れれば私は家に風を通すべく、窓を開け放すのに~~。
26日もそうしてた。
震災以来、放射能を異様に怖がって生活に支障が出てる知人がいるけど
彼女ほどではないが、今回は私も怖くなったよ。
なので、今日は窓を開ける気になれなかった。


あれから1年を超えて、このごろ忘れがちになってるけど、 
放射能は今も風に乗って飛んで来てるんだよね・・・
関東のあちこちで ホットスポット 検知器の数値が大きく上がる場所があるし
除染している場所もある。

でも塀など立ててるわけじゃなし、そこだけのわけが無いんだよね


そしてブログの主も書いているが、
東電・政府は何故 事前告知しないのだ?

パニックが起こるからってか?
 

起こして当り前でしょうが!

だいたい、国を失くすくらいに危険なものとわかっているのだから
いかなる事態が起きても、住民がパニックを起こしても、
何重にもそれに対処できるシステムにしてから営業するべきじゃないの?


そんなの理想論・と一蹴されるだろうか?

「起きっこないって。大丈夫大丈夫。」
という原発関係者の人たち。考えが馴れちゃってると思う。
それとも危険性を見ないようにしてるのか?


私らも余計な電気は使わないようにすべきではある。
あれこれ贅沢が過ぎるなあ・と思う。
その辺も考えつつ

やっぱり今のままでは

志賀原発稼働反対!





スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment