2012_05
07
(Mon)00:36

スーパームーンの夜は 


昨夜8時前か、母屋から出てふと振り向くと、赤い大きい月が東の山の端にかかっていた!
月が地球に最接近して、いつもより30%大きく明るく見えるそうな。
満月の昨夜は見逃したが、田植え前の田圃に映って、なんと幻想的!


携帯内蔵カメラではこんなのしか撮れない。


10時まわっても、月明かりで外はますます明るい!
姉を手伝って、畑に植えたばかりの芋苗の防寒処置に出たが、懐中電灯など無くても月明かりで手元がはっきり見える!
月光浴だわ!
こんなに冴えた月光を浴びるのは何年ぶりか、狼男ならずとも興奮しそう!

帰る時、母屋の前を通りかかると、小さい動物が車の下に走り込んだのが見えた。
テンかムジナか?よそ猫か?と思ったら、蔵の裏の草むらの中、姉が照らす懐中電灯の明かりの中にトラネコが浮かんだ。

どこの子?

姉が「勘太郎じゃないの?」

へ?まさか!

いやしかし逃げないし。
眩しくてしょぼしょぼさせる目は右が涙目…
「勘太郎だ!どこから出た?」

足元に来たのを抱え上げて離れに戻る。
洗面所の窓が開けられていた


月夜の猫 も何やらメルヘンチック であった。


やっぱりのどかに田舎で暮らしたいね。


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment