2012_05
06
(Sun)19:02

猫は子供が苦手 


日帰り温泉から戻った姪の子供たち、またきゃわきゃわと騒がしく離れにやって来た。
あいにくと言うか不運と言うか、猫たちは中にいた。

こわいこわいとピイチク言いつつ、猫に触りたくてしょうがないらしい。

勘太郎気に入りの玩具の紐を子供らに渡したが、当然振り方も知らない。
私が振ってみせると勘太郎とタミーが飛びかかって来る!
すると子供らはきゃーきゃー甲高い悲鳴を上げて足もバタバタさせて騒ぐ…猫ならずともああウルサイ

それでも真似をして子供らは紐を振り、ちょこちょこと猫も手…いや前足を出し遊びかけ、その度にまた子供らはキャーキャー

中断されてばかりの遊びにさすがに猫らも飽きて、動かなくなる。と、子供らこわごわと近づいて、「そうっとなでてごらん」の指示どおり撫でてみる…
が!
やっぱり撫で方が気持ち良くないらしく、猫は場所を移動する…と!子供らは追い掛けていくのだ。
猫はまた逃げる。追いかける。
の繰り返し、そろそろという辺りで私がストップをかけ…

やがてご飯の時間で子供らは母屋へ引き上げ、その後の猫たちのリラックス加減ときたら!
わかるわその気持ち


子供らよ、早く猫扱いに慣れた大人になっておいで!


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment