2012_04
28
(Sat)18:19

今日のバ勘太郎 


母屋の納屋の2階に上がって降りられなくなってるよ.と姉が離れに来て言った。

「登ったんなら降りられるろ、猫やし」
と私は言ったのだが…
それからしばらくして母屋に行って、まさかねと思いつつ
「勘太郎」
と呼んだら
「ニャア!」
返事があったよ(^_^;)

梯子を立て掛けてある隅っこの穴から顔を出してニャアニャアうろうろ
「自分で降りといで!何しに上がった?」「ニャアニャア」

今朝は蜥蜴を捕ってきたが、今度はまさか燕を捕ろうとかしたんじゃないだろうね。
二階へ上がったって、燕の巣には届かない。

仕方ない、梯子を登って勘太郎を捕まえ、抱えて降りる。
勘太郎め、ゴロゴロ喉を鳴らして大人しくしている。
地面に下ろされて、私の周りをクルクル回りながら離れまでついてきた。

一度中にはいって、しかしまたすぐ隙をついて出ていった。
もうかなり野生児になってしもた…木登りが上手くなったり

ああ…先が思いやられる


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment