2012_02
17
(Fri)18:25

古いのを新しいのに 

駅前に洋服直しの看板を見かけていたのを思い出し、
今日、打ち合わせに出るついでに古いジーンズを持って、待ち時間に直しに出してみた。

所々擦れてはいるけれど、ファスナーが壊れただけでまだ生地に穴は開いていないジーンズ。

ドアを押して入ると、受付カウンターの向こうに、若い女性二人がミシンなど裁縫道具を広げていた。
ファスナー交換費用は2600円。
あら、そのくらいで済むなら・とお願いしてきた。
このジーンズはまだ太めのころに買い、サイズダウンしてからは自分で脇など縫い縮めて穿いていた。
「ザクザクに縫ってあるけどそこは見ないでね。」
と言うと、店員は笑いながら
「幅詰めも出来ますよ。」
と言ったが、今更このジーンズで大事な時に出かけないからファスナー交換だけにした。
出来上がりは1週間後。気分一新でまた穿ける。

時々 断捨離で古い衣類を処分しているけれど…
捨てずに置いてある中で、パンタロンが一本残っている。
裾幅をつぼめればまだ穿けるじゃないか?と、帰りのバスの中で思い出した。
サイズダウンしたからウエストもするりと入るし♪

しかし他部分の糸が弱っていないかしら。パンタロンがはやったのは何年前だっけ?
着用中に外でバリっと破けたらエライことです。



仕事の打ち合わせは担当さんの引き継ぎと共に行われた。
どうやら次の仕事は入るみたいである。
今度の担当さんはやる気いっぱいの元気そうな人。
その元気をもらって私もやる気になれるかな?



昼間は青空。
しかもピタッと(でもない?)有感地震が無くなって、コワイゾ・・・

また雪が降るとかの雲が夕方から出ている。
120217_1653~01
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment