2011_12
29
(Thu)19:21

戸袋修理は 

いつもお願いしている工務店さんが、戸袋の様子を見に来てくれた。

「あーあ、戸が傾いてますねえ。」と感心した風。

戸袋の前にエアコン室外機があるので、そこに当たる雨が戸袋に跳ね返って
他の所より早く腐ったらしい。

しかし、この家は築30年。
「木の羽目板の戸袋って、俺らが大工になる直前位に無くなってるんですよねえ。
プラスチックで代用になりますがいいですか?」

それに戸袋自体が減って、今はシャッターになってるそうな。
それにするにはうちは造りが古くて無理とか…

仕方無いわ。注文でわざわざ同じのを作って貰うようなご立派な家じゃないし。

ついでに戸走り(敷居)も使いこんでえぐれて、時々雨戸が落ちたりしてるので
それも取り換え、金属製のレールをはめて貰うことにした。

そうするとわりと安くあげられるそうな。

この工務店さんは、いつも安く上がることを考えてくれる。
こちらが大幅に直す意気込み満々で居ても、「まだまだ使えますよ!大丈夫です。」
と・・・

風呂場改築したかったのに、こけたなああの時は。

まあそれで、今回は年明けに工事に来てくれる。
どんな風になるのやら?






スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment