2011_10
16
(Sun)18:28

岩手で満足 その3 

朝、市内の川にサケが遡上していると効いて見に行った。


橋の上から目を凝らしていると・・・居た!見えた。

sake

3匹の鮭の姿・・・息を呑んでしまった。
テレビや映画のドキュメンタリーで見た事があるけれど、実際目の前にした衝撃はかなりのもの。

なんと言う姿! 傷だらけでボロボロではないか!

流れに逆らう力さえ残っていなくて流されていく赤裸のような一匹がいた。

今産んだのか、尾ひれに白い傷がたくさんある2匹がいた。

その近くには、水底に沈んで白い魚体を晒している3匹が・・・


卵を産んだそこだけは、砂利の泥汚れを尾ひれで払ってきれいなのだった。
鮭が卵を産むのは適した大きさの、きれいな砂利のあるところ、そんな場所は少ないのでは?

命を繋ぐというのは、まさに命がけのたった一度の大事業なのか。
甘く生きてる自分が恥ずかしくなってしまう。

  帰りにサケ弁当を買って食べたが、食前に合わせる手に力が入った111015_1807~01




15日は雨模様で産直巡り。
八幡平の紅葉を昨日見ておいてよかった。

野菜が安い! 連れとともに興奮してあれこれと買い込んでしまった。
キャベツ、ゴボウ、ニンニク、サトイモ、大根…♪ 持ち帰れないから宅配にしてもらった。
実家にリンゴも箱で送った。
秋の恵みが有り難い!!

盛岡と言えば冷麺が有名だが、まだ食べた事が無い。
で、連れて行ってもらったのが、曲がり屋を移築して作ったという焼き肉料理屋さん。
冷麺も出していて、これがすごい量でアルデンテで、食べるのが大変だった。
ピリ辛で、酢を加えると更に美味しくて。

111015reimen.jpg



そして今日の温泉は 小さなぬるぬるのナトリウム温泉。
お客は地元のおじいちゃんおばあちゃんが多い。(私も若くは無いけどさ)
ウナギになった気分のぬるぬる加減。浴槽内で滑って溺れそうにさえなって(^^;;

あったまって、ほんわかして、地元のスーパーで買った地元のお菓子『きりさんしょ』
111016_0724~01
米粉を練った餅菓子である。ちょっと手がべたべたするけれど、素朴で美味しい!

を、ほおばりつつ帰り。

3日間お世話になった盛岡の知人に、連れと共に温熱をする。
旦那さんは五十肩で左腕が上がらなかったのが、3日目の今日は「上がるわ、ホレ!」
うれしそう!
奥さんも小顔になって(^^)
連れの同期生の力量のお陰だけれど、私も少し恩返しできたかな。


楽しかった。いろいろ新体験もあって。
また行こう。行きたい所がいっぱいだ!



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment