2011_09
09
(Fri)14:27

『推奴』 

《日本のテレビのくせに韓国ドラマばかり放送するな!!》
とやらで、某テレビ局の前でデモまで起きてたとか?

まあね、確かに韓国ドラマは多いし口惜しいけど、実際韓国ドラマの方が面白くない? 
特に時代劇。   日本では時代劇は全滅状態。「水戸黄門」はありゃ時代劇じゃない。

何気に韓流時代劇 『推奴(チュノ)』 をテレビ東京で見始めて、ハマりましたよ私。
ストーリーもアクションも骨太、ハード! いやー、凄かった面白かった。

予告編はこちら → http://chuno-t.jp/

主人公テギルを演ずるはチャン・ヒョク
トレンディドラマでお洒落な役もやってたらしいが、そちらは見てないんで知らない。

テギルは野性的で粗暴で荒々しい男、ざんばら髪の下から上目遣いに見る眼が
鋭いくせに 時に切なくて。
時々クサイくらいの熱演で魅せてくれました!

このテギル、元は貴族、その家の美しい奴婢オンニョンと愛し合い、それがもとで家は没落して
彼女と離れ離れになり、やさぐれて推奴師という非情の仕事をしながらも彼女を探し続けている純情の持ち主。
推奴師とは、逃亡した奴婢を捕まえて連れ戻す賞金稼ぎ。

昨日が最終回で、結局テギルはオンニョンとその夫を逃がすために死ぬのだけれど、(あ、ごめんバラした)
胸の内で叫ぶ最期の言葉が

『幸せになれオンニョン! 俺の・・・愛する人!」』



このセリフに ズキュンとやられないオンナはいないんじゃありません?
オトコだって、こんなセリフ言ってみたくない?

これは明らかに日本のドラマより面白いです。
他所の国のだから、臭いセリフも恥ずかしくない。どころか感情移入しちゃいます。

日本のテレビ界も、なんとか現状打破してもっと面白いドラマを作ってよ。
お笑いとアイドル系はもううんざりですよ~。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment