22日は久々オペラ

2月22日は猫の日で、店はポイント5倍の日。
逃してなるかと9時に車を飛ばし、猫フードを買いこんで来た。
天気はちらちらと雪が混じる雨。。。
着物は諦めたけれど、昼は久々のオペラ鑑賞に上野に向かう。

二期会の『ローエングリン』
IMG_6984.jpg

あら、知ってるお名前が。
豪華な花だこと。
また画像が転がったIMG_6986.jpg

津村先生と福井さんは歳の離れたご友人同士。
福井さんのコンサートで、ばったり津村先生に会ったことがある。
「あれ、あなたオペラにも興味あるの?」と訊かれ
「はい、時々
なんて答えた。
津村先生御出演の昨夏の小金井薪能には、福井さんが観に来ていたらしい。

そう言えば、歌舞伎座で津村先生とばったり☆と言うこともあったな。
あれは新作歌舞伎の時だったか・・・研究熱心な先生である。

22日はマチネで、福井さんは出演無し。
豪華な衣装を着ての公演ではなかった。新演出か
白鳥の作りものが舞台天井からぼたっ!と落ちて来てびっくりさせられた。


天気は悪く寒かったけれど、うーん、満足。
映画もいいけど、生の声はやっぱりいい
ただね~、オペラはチケットがお高くてねえ


帰宅後は楽しみの風呂
良かったよ、昨年中にリフォームして。
隙間風が塞がれて温かい。
古いままの風呂だったら、この連日の寒さに湯は熱くならず
何処か不調を起こしていたかも。あー、こわ。




スポンサーサイト

びゅん!びゅん!と行って戻る

10日、大宮10時48分発の北陸新幹線かがやき に乗車
乗り換え一回で、14時08分には能登の和倉温泉駅に 着いてしまった
何たる速さ!
夜行で十数時間かけて帰省していたころが信じられない


途中、長野の手前はこのくらいの雪で
IMG_6916.jpg

長野を過ぎて日本海側、
IMG_6919.jpg

IMG_6924.jpg


金沢駅近く、なるほど、屋根の雪が結構ある。
IMG_6926.jpg
ちらり見える町の細い路地は雪がいっぱい、
あまり除雪が出来てないみたいだった。



能登の方はそれほどでも。
実家に向かう山道はこんなもん。
雨が降っていて、凍ってないんで助かる。
IMG_6929.jpg




菩提寺の石段。
20180211matuoji.jpg
この灯籠が能登地震でみんな倒れた。
新しくして、背丈も高く大きくなったばかりの時に。。。
昔の苔むした灯籠はもっと小さかったのだ。



身内だけで行った一周忌法要
ハンサムに映った父の遺影が笑っている。
いつこんな風に笑ったのさ~?
20180211houji.jpg
ストーブ3個出してくれてたが、なにしろ寺の本堂は広いので、吐く息が白いのだ。
思いきり厚着をして行ったので、さほど寒さは感じなかった。

法要中はこんないい天気になって、
あら、オヤジ殿の生前の行いの良さから?なんて思ったが
IMG_6938.jpg



甘かったね。北陸の冬は気まぐれに変わる。
法要のあと、会食していたらこんな雪になって
IMG_6941.jpg

また強い寒気団が近付いている・という予報だし、
夜は凍みそうなので・・・
そうしたらレンタカーを返すにも山道を走るのが怖いではないか。
悪いけど今日の内に帰ることにして、急いで実家を出た。

途中はこれより降りがひどくなり、完全にホワイトアウト状態!
前を行く車、対向車のライトがボヤ~~・と見えるのみで、真っ白け!
これが雪道運転か~?!と

事故らずにレンタカーを返すことが出来て、3時20分和倉発の特急に飛び乗り
金沢でまた北陸新幹線に乗り換えて、最寄駅からバス便を使って帰宅したのは午後8時前

この速さ 信じられなーい!
早過ぎて、猫をみてもらったお隣へのお土産も買う暇が無かった!
手ぶらも申し訳ないので 埼玉土産の焼き栗を持参(笑)


関東は空気カラカラで!
これもまた困る。


ともあれ、一年経った。早いものだ。


※実家に着いてから離れの部屋を掃除するのも・してもらうのもめんどくて
10日の晩は和倉温泉泊まり♪
24時間入り放題の湯でぽかぽかに温まった♪
もう一晩泊ろうかと思ったンだけどね~・・・








青山でのお稽古

こっちに決まりなのかしら・・・

正直めんどくさい・・・が、気を引き立たせるべく
郡上紬で出掛けてみる。

・・・あああ、これもブカブカ☆ 仕立て直しが必要(泣)
0131gujo.jpg
はは、どちらにしろ気は紛れた。

先日夕方はお弟子が4人、今日は早めに2時過ぎに伺ったのだが、既に4人来てた。
しかも後から次々来るし、やっぱり終わりの時間がきちんと読めない。
余裕を持って行かないと・な状況。

今日から『羽衣 クセ』
少し予習はして行ったので、今までよりちょっとはましだったか

その後銀座に廻って。。
やっぱり寒いわ~~。


のんびり勘太郎
2018bannyai.jpgばんにゃーい!
じゃない、片手が上がってないね。


ぱっIMG_6849.jpg


はいよろしい。

浅草歌舞伎

浅草歌舞伎へ♪
IMG_6821.jpg


こっちの帯(実物はもっとピンクが渋い)にするつもりが、化繊なのでずるずる滑って危ういこと限り無し★
IMG_6815.jpg
急きょこっちにする。
20180109koma.jpg
バティック。木綿である。
絹に木綿を合わせるもんじゃない!なんて怒る呉服関係もいるけれど
知りませんわ。人の好み、趣味のお出かけだから ほっといて。
ゴワッと硬いので、角出しがきちんと決まった♪ よしっ♪

でも着物にシワ出来てるやんけ・・・




若手登竜門と言われて、浅草で36回目・だっけ?
今 本舞台でガンガン活躍してる役者も、かつてここで若手として舞台に立っていた。
今年の顔触れは彼ら
20180109_173202.jpg
後ろ左から
隼人・種之助・米吉・梅丸
前左から
新悟・歌昇・松也・己之助
スーツを着てもイケメン揃いなのである

私のひいきは播磨屋の歌昇・種之助兄弟。
父は当代・中村又五郎
かつて大河ドラマで上杉謙信の子供時代を演じて一躍人気者となった中村光輝クンである。
・・・早いもんだ。こんな立派な息子が二人も。

新悟は女形をやるようだけど、身長が高いから大変だなあ・・・
かなり背丈を殺して構えてるから、膝や腰に負担が掛かるだろう。
それと、正直 白塗りしてもあまり綺麗にはならない顔の作りなのよ・・・
芸で勝っていくといいけど。

遺伝子ってすごいね。
己之助は父・三津五郎の面影がありありと!
米吉くんはあまりお父さんに似て欲しくないが。。。
似て来たか?


まあいいです。芸が良ければすべて良し!だから。
楽しませてねっ!

20180109_154714.jpg


しかし浅草久しぶり。。駅のホームがエライ変わってた!

それと、観劇前に腹ごしらえと思って、しかし時間が無くて、バッと飛び込んでサンドイッチとコーヒーを注文。
ガツガツっと行き「いかん、開幕しちゃう!」と飛び出した
あの喫茶店は・・・なんか有名店だったらしく。
ゆっくり味わってる余裕がなかったが、思い出すと、サンドイッチは美味しかった。
次は店自体を楽しみたいものだ。

余裕は大事だわ。

外出納め

26日 
結城に刺し子の帯
色柄は好きな帯なんだが、これまた長過ぎて二重太鼓になる。
締めるたびにじれったくて気が狂いそーになるんだわ
IMG_6747.jpg



さて、
実家の蔵から救い出した漆椀を修理してもらうために
ネットで見つけた信濃町の漆芸しばたへ持ち込んでみた。
owan2.jpg
店主は輪島出身だそうな。

赤いのはしっかりした作りで、終戦前のものだろうとのこと。
実家は能登だから、当然これらは輪島塗。
これは直していいらしい。

黒いのはあまり質が良くないので、特別な思い入れ等が無いならわざわざ直すことも無い・と。
そうねえ、色変りひび割れの前に、ちょっとごつくて使い心地もいまいちなのだった。。。

赤いの椀を6個、修理してもらうことにした。
新品を買うのと似たり寄ったりの値段になる・・・
でも綺麗になって帰ってくるだろう。
だいたい半年かかるそうだ。

店内には輪島塗のお椀のほか、見事な蒔絵の膳や大きな衝立が展示されていて、
それらを作る職人が修理をするのであって、修理専門の職人がいるわけではない
だからいい加減な仕事ではない・と店主は仰る。
これは6カ月後が楽しみ♪

手入れ、椀の内外のくすみや曇りは、薄く油をつけて磨くといいと言われた。
サラダ油が良いらしい。
ツバキ油もさらさらだけど、どうだろう?
使用中のお膳で試してみようか。かなりくすんでいる。



預けた後は銀座へ向かい、インド料理店ナイルムルギランチ (もう夕方だったが)
を久しぶりに食べた。 カメラを忘れて画像無し
おいし~~♪ 
ピリピリ辛いわけではないが、じっくり煮込んだであろう鳥肉、皮がとろとろになっていて♪
食後は熱いチャイを。これまた美味しい!
好きだわインドカレー

幸せ気分で歌舞伎座へ、玉三郎の『楊貴妃』を観に行く。
綺麗でした


これが今年の外出納め。 楽しかった。
後は家で、チョイ仕事と年末のあれこれで過ごす。