父がみまかりました

17日緊急入院し、
「会わせたい人がいるなら早いうちに」
とお医者が言ってる、と18日に連絡が入り、仰天

高齢ゆえいずれはと思いつつも
やはり心臓がばくばくと騒ぎ、考えがまとまらず。
留守の猫のことなど諸事にあたふたにうろたえて
夜、妹夫婦の車で郷里に向かって走っている最中・・・

「父ちゃん、零時半に逝ったよ」

メールが来ました。

昼近くに実家到着、
つききりの看病に疲れた姉は束の間眠り込んでおり
弟が葬儀の手続きを打ち合わせ中

父は仏壇前に寝かされていました。

エンバーミングしてもらったのでしょうか
穏やかできれいな顔で目を閉じていました。

無口で真面目で、面白げのある人ではなかったけれど
子供にも母にも声を荒らげたことのない父でした。


長いことお疲れ様
ありがとうお父ちゃん。

いつか私がそっちへ行った時、迎えに来てね。
楽しみにしてるからね。




スポンサーサイト

東山魁夷 障壁画展

なんで今、茨城水戸で障壁画展?
と思ったら、今、唐招提寺御影堂は修復中らしい。
お陰で奈良まで行かずとも、かの障壁画を目にすることが出来た!

IMG_5718.jpg



『濤声』
『揚州薫風』
『黄山暁雲』
『桂林月宵』
そして
『山雲』
など・・・


これが人の手になるものだろうか?!

絵を前に思わず立ちすくむ。。。

波の音、波の響き、風の音、樹々のそよぎ、霧の湿気 鳥の声までも感じられる。

IMG_5725.jpg


『濤声』 に描かれた海は、日本海の色に似ている
と言うか、故郷の海を思い出させる色だ。

この広大な海の絵を前に、畏敬の念、懐かしさ、
そして寂寥感、無力感がじわじわと湧き出でて
なぜか泣きたくなってきた

この荒れる海を10年を超える時間を掛けて渡って来られた鑑真和上は、
むしろ希望と揺るぎの無い強い意志をお持ちだったであろうが・・・
泳げないから私ゃ海はコワい


『揚州薫風』

墨絵だが、色が見えそうだ。
風に揺れる柳の葉が、肩に触れる気配さえする。

30年以上前か、中国を旅行して、蘇州や桂林にも行けた。
蘇州では、すでにその頃減りつつあったと思うが
昔の絵にあったような水郷の田園風景を、僅かの時間であったが見た。
岸辺の柳が揺れ、荷を乗せた小さな船が、農民の棹差しでゆっくりと通り過ぎて行った・・・
美しかった昔の中国・・・


『山雲』

深山幽谷・・・
碧一色、いや濃淡様々の緑が画面に拡がっている。
山間の霧の向こうから、不如帰の声が聞こえそうだ。
微かに風の音、滝の音なども聞こえるかも。

この前に座って、座禅など出来たら、心は遥かな向こうにも行ってしまいそう・・・

黄山や桂林の岩の姿もいいけれど、
やはり緑の山々の絵がいい。

客は次々入って来ていたが、時折 誰もいなくて目の前が空くことがあって
その時は独り占めで絵に見入った

行きつ戻りつ、2時間ほど過ごす至福の時・・・





のあと、千波公園をぐるり歩いて駅に向かう。

IMG_5720.jpg
薩摩守か?     ただのり(笑)


白鳥が落ちてる!
IMG_5721.jpg

んなわけ無い、お休み中?
こんな道のすぐそばで?
まさか鳥インフルエンザで具合が悪いのではないだろうね?


IMG_5722.jpg
この公園の鳥は余り人を怖がらない。
さすがに寄ってはこないが、スズメさえ足元をちょこちょこ歩いていたりする。


カイツブリとか?
小さい鳥で、すばしこく水に潜って、ひょいっと別の場所に出てくる。
それが人と違ってビショビショ・と言うわけではない、
水滴さえ見せない涼しい顔だから、おおっ・と感心する。
2017kaituburi.jpg

駅からの途中、川で野生の黒鳥を見たし。
2017kokutyo.jpg
公園の池にも何羽かいた。
鳥インフルのため餌やり禁止で、寄って来られても切ない。



片道2時間、
やっと生で原画が見られた!
今日はいい日だった!

===========

梅干し●ばあ・だと?

何で画像が寝るのだろう?
同じ向きに撮って、同じ縮小率にしているのに。

IMG_5709.jpg

母の梅干しが無くなったが、今はもう作っていないので・・・
福井の業者にお試し注文した。
つぶれ梅の3種セット。

初蜜や砂糖入りは好きではない
梅干しが甘くてどうする!?
昔ながらの梅干しは、この中ではしそかな。

つぶれの規格外品と言いながら、大きくて果肉がいっぱい。
この辺はさすが、自家製とは違う。




IMG_5710.jpg
梅干しと醤油少々を、三年寝かせた番茶で戴く 梅醤番茶

ん、うまい!

これは空腹時に良いかも。

このところ食欲が治まらなくて危ないのだ。
断食をやっていたころは、店に並ぶ商品を見ても
食べたいとは思わなかったのだが、
反動・とでもいうのかしら、この頃は誘惑と戦いっぱなし
おうおうにして負けている・・・
今日も、原料を吟味はしたが、せんべい一袋 食べてしまった~~。
昨日は焼いも中サイズ2本 立て続け・・・
ご飯のお変わりもしたし。


断食はそれなりに楽しかったのになあ

食べるのもやっぱり楽しいんだなあ。


============





今日は普通です

昨日大騒ぎだったタミー、
今朝は全然普通・・・・

刺身じゃなくて 療法食 (新しくカートンで取り寄せた)
皿に乗せて出せば素通りするが
膝に乗せて一口ずつ食べさせれば、缶の3分の1くらいは食べる。
・・・どこのお坊ちゃまよ 全く・

そしてこれまたお坊ちゃまの勘太郎。
今日も私と椅子の取り合い。

ちょっと席をはずすとこうだ。

IMG_5706.jpg

シェアする気は無いノネこいつ。
私が隅っこにお尻を乗せると、不承不承降りていく。
そして

IMG_5708.jpg

と、別の催促をする。
日が伸びて来たから、散歩の時間も前倒しの逆
・・・何てったっけ?
とにかく、薄暗くなってから出してやってる。




うとうとしてて気づかない瓜子ばあさま。
IMG_5707.jpg
後になって 

「 がろろーーーん!!★ がおーーーん!!出してーー!!」


今朝も枕元で がおーーーーーー!!★

家も揺れる雄たけび…
お前はホントに猫かっ?!
その姿に人は騙されるけどっ・

============

まったくもー

今朝起きたら、リビング(と言うほどのもんでも無いが)あちこちに
盛大に吐いた痕が!

タミーかな・と思いつつ拭き拭きして、
きれいになった。
雑巾を外で洗って干して。。。うー、冷たい!
ほっとしてトイレに行って戻ったら、うわ~~!!

今度は水っぽい吐瀉物。
リビングの入口にかなりの面積でっ。

乾したばかりの雑巾を取りに行き、拭いたすぐ後にまた
目の前でタミーが バシャーッ★★吐いた
で、それを片付けている間にタミーがトイレに行って ゲリゲリゲリ・・・★

がぶがぶと水を飲んではゲローッ。バシャーッ。ゲリゲリ

1時間ほど、その繰り返しであった・・・

その後、へろへろとこたつに潜り込んで出てこないタミー。
ごはんも要らないらしい。

おりしも昨夜は、田舎の伯母が入院したという知らせがあり
これはタミーもそろそろか、いよいよなのか?
最期のご飯は何を食べさせよう。
何なら食べるだろう、、、

とまぐろの刺身を買って来た
呼んでもなかなか炬燵から出てこなかったが
においに気付いて出て来て、
IMG_5705.jpg
これである。

IMG_5704.jpg

そのあと、ストーブの前でいつものオジン姿・・・・
そして刺身追加をねだった・・・

なんなんだ!?


・・・まあ、とにかく、今日の危機は乗り切ったらしい。

こんな時に葬式で帰省・なんて困るから!
田舎の親戚、元気で長生きしてくれ!


=========